2つのアセスメント

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 08:14
ギャンブリングに関する支援のアセスメントは大きく分けると2段階方式が必要かと思います。ワンデーポート通信の10月号の原稿を書き終わってから浮かんだことです。

1段階は、SOGSで依存の疑いに該当した人へのアセスメント。1次(併存)疾患の有無と暮らし、仕事、余暇の安定を数値化してのアセスメント。
目的は、自己解決が可能か否かの見極め。
方法は質問用紙、主観評価主体によるアセスメント。

2段階は、家族歴、生育歴、生活評価、発達検査(心理検査)をから、アセスメント。
目的は、具体的に必要な支援の見極め。向き合い方の見極め。
方法は対面式、客観評価によるアセスメント。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM