「依存症」を理解するということ

  • 2017.10.06 Friday
  • 08:28
1年前に思っていたこと。
http://onedaypt.jugem.jp/?eid=2246

依存問題の下にある原因に向き合うことが大事だと、いまも信じています。
そのために何が必要か、ということについて記します。

元々の原因が、発達障害、知的障害、障害には至らない弱さ、その他の問題とわかったとします。

本人が気づいて、良い方向に行く人もいれば、気づいても変化が難しい人もいます。周りは気づいているのに、本人は気づかないで、失敗を繰り返す人もいます。本人が気づかなくても、環境に恵まれて問題行動が治まることもあります。

ギャンブルに問題があっても様々です。

一つ言えることは、背景の問題が明確になっても解決するとは限らないということです。問題が多く残り、本人や家族が、支援者が悩み続けることのほうがふつうかもしれません。この生きにくい社会ですから。

あらためて「ギャンブル依存症」の回復や支援に何が必要か? 突き詰めて考えると、依存症の正しい知識でも、○○プログラムでも、○○療法でもないと思います。多様な価値観や生き方を尊重し、困難な人が困難なままでも理解し支えていくような社会ではないかと思います。

「依存症」を理解するということはそういうことではないかといま私は考えています。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM