理解

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 15:52
「依存症の理解」とか「発達障害の理解」と言うけれど、当事者、福祉関係者、医療関係者、教育関係、政治家…、それぞれ理解の仕方は違います。多様な背景や個人差があるので、当然と言えば当然です。

だから、その類の本や、講演会があるとすると、どういう立場の人の理解かを理解しなくてはならないと思います。

ひとつだけ頭に入れておいてほしいのは、マスコミは権威や当事者が言っている「理解」を採用する傾向があり、この理解は、明らかに間違っていたり、時代遅れであったりすることがよくあるということです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM